こんな「いぼ」の悩みありませんか?

年齢・性別を問わず、誰しもいぼは気になるものでしょう。できることなら無縁でありたいと思うはず。いぼに悩まされないためにも、まずはいぼについての知識を知ることから始めましょう。

詳しい情報はこちら

いぼにも種類がある

「いぼ」の種類

いぼの種類は様々です。大きく分けて4種類あり、それぞれ尋常性疣贅、伝染性軟属腫、老人性疣贅、足底疣贅といいます。これらは発生原因や発生しやすい場所が異なるため、それぞれ違った対策や治療を行わなければいけません。多くの場合、いぼは放っておいても害がなかったり自然治癒したりしますが、中には治りにくかったり、悪性のガンの原因となってしまうようなものもあります。これらの場合は放っておいても良いことがひとつもないので、自分でいぼの種類について見分けられるように、また正しい対策ができるようにしなければいけません。

詳しい情報はこちら

まずは原因を知ろう

「いぼ」ができる原因

いぼにならないようにする、またいぼを治すためには、いぼになる原因を知る必要があります。原因を知っているのといないのとでは、その後の対応も大きく異なるでしょう。いぼができる原因としては、大きくわけて2種類あります。ひとつはウィルス感染によるもの、もうひとつは加齢によるものです。ウィルス感染の場合は更に2種類にわかれ、傷口からの感染とプールなどでの感染が考えられます。ウィルスにしても加齢にしても、誰もが等しく発生する可能性があるものです。自分は大丈夫だとタカをくくるのではなく、いぼの原因についてしっかりと確認しておきましょう。

詳しい情報はこちら

いぼは治ります

「いぼ」の治療法

いぼができてしまった場合、取り除く方法はいくつかあります。現在一般的に使われているのは、切除手術、レーザー治療法、注射治療法、薬剤治療の4種類です。それぞれ治療に適した状況・状態というものがあり、例えば切除手術は大きないぼや特殊な場所にできたいぼに効果的ですし、薬剤治療は小さな子供に対して効果的な治療です。他のふたつの治療に関しても適切な状況・状態があるため、いぼの治療法を選ぶときにはさまざまな条件を考慮して、医師と相談しながら適切な方法を考えなければいけません。治療段階で慌てないためにも、今のうちにある程度治療法について知っておくほうがいいでしょう。

詳しい情報はこちら

しっかり予防!

「いぼ」の予防法

すでにできてしまったいぼを治すことは大切なことですが、それ以前にいぼができないように予防をすることも同じく大切なことです。いぼの原因はウィルス感染によるものと加齢によるものの2種類ですが、それぞれで予防方法も変わってきます。ウィルス感染によるいぼの場合、まずは経路の特定が大切です。加齢によるいぼの場合、加齢自体は防ぐことができないので、他の要因を探る必要があります。どちらの場合でも、まずはいぼができにくい体を作る必要があります。健康的な生活を続けていれば、自然といぼができにくい体になるのです。

いぼ治療できるおすすめクリニック